事業紹介BUSINESS

風力発電事業

風力発電システムは、
ジェネックスにおまかせください

風力発電事業

自然界に無限に存在する風を利用したクリーンエネルギー
風力発電は、太陽光と同じく自然界に無限に存在する風を利用した自然エネルギーです。 発電時にCO2を排出しないクリーンエネルギーとして、地球環境の保全に貢献することができます。 島国である日本は、障害物のない海上から効率良く安定した風が吹く世界でも有数の風資源を持つ環境であり、 これからのエネルギー資源をつくる大切な役割を担っています。

風の力を利用して電気を起こす、『風力発電』

「風の力」で風車をまわし、その回転運動を発電機に伝えて電気を起こします。自然に吹いている風を電力に変えるので、資源が枯渇することなくまた温室効果ガスはほとんど排出しないクリーンなエネルギーです。風力発電は、風力エネルギーの約40%を電気エネルギーに変換できる比較的効率のよいものとなっています。 日本は世界でも有数な風資源を誇る国です。特に、北海道、青森、秋田などの海岸線や沖縄などの島々などで、既に440基以上が稼働しています。 これからは、陸上だけでなく、より大きな風力を得られる洋上風力にも注目が集まっています。

風力発電の仕組みと売電までの流れ

風が吹くことによって、直流の電気が生まれます。この直流の電気を「パワーコンディショナー」によって、交流の電気へと変換し、必要に応じて偏圧を行い、設備の送電網へと接続(系統連系)します。電力会社は、発電量の計量を行い、この数値に基づいて、電力買取が行われます。

風況観測器稼働中

風力発電事業を成功させるためには、より正確な風況観測が必要となります。
風況観測は、従来風況ポールを設置することが主流でしたが、風車の大型化に伴い風況ポールの建設費用が増加する傾向があるため、ジェネックスではレーザを使ったドップラーライダーを導入しました。

ドップラーライダーは、レーザ光を発射して、大気中の塵や微粒子からの反射光を受信して、その移動速度を風速として計測します。

24時間、全天候下での稼働が可能で、高度40メートルから250mまでの高さの風速、風向を計測することができます。

また、ジェネックスでは、オフグリッドシステムを採用し、太陽光パネルで発電した電気を使って風況観測機を稼働させております。

事業内容OUR BUSINESS

ジェネックスへのお問い合わせはこちらから

0566914131

お問い合わせ