トピックスTOPICS

「CDP気候変動レポート2019」が公開され、「スコアC」の評価をいただきました。

 ジェネックス(以下、「当社」)は、国際的な環境調査・情報開示を行う非営利団体であるCDPが公開する「CDP気候変動レポート2019」にて、「スコアC」の評価を受けました。

 CDPは、運用資産総額96兆米ドルに達する525の機関投資家と購買力規模で3.6兆米ドルに達する125の企業・団体の要請に基づき、環境分野での情報開示を求め独自の調査を行い、結果を公表しています。今回の調査では、8,400社以上の企業がCDPを通じて情報開示を行いました。

 当社の気候変動に対する情報開示の取組みは、CDPへの情報開示を昨年から自主回答し今回で2回目。また、パリ協定が求める水準と整合した温室効果ガスの削減目標を設定するSBT(Science Based Targets)について、日本では中小企業で初めて2年以内の目標設定を約束し、現在目標設定に向けて準備をしています。

 当社は、再生可能エネルギーの普及・拡大を通じて、地球温暖化による気候変動を食い止め、将来世代に持続可能な社会を残すことを事業としています。本年度からは、中小企業向けに気候変動情報の開示支援(サプライチェーン排出量の算定・情報開示支援)をソリューションに加え、中部の中小企業から脱炭素社会の実現を加速させるためにこれからも取り組んでまいります。

 

詳しくは、下記をご覧ください。

CDPホームページ:https://www.cdp.net/ja

グリーンバリューチェーン・プラットホーム(環境省・経済産業省):http://www.env.go.jp/earth/ondanka/supply_chain/gvc/intr_trends.html#no07

 

本件のお問い合わせ

株式会社ジェネックス

サステナビリティ推進支援室

岡田

0566-91-4131

 

ジェネックスへのお問い合わせはこちらから

0566914131

お問い合わせ