スタッフブログSTAFF BLOG

マイボトル、使ってますか?

皆さんこんにちは、ジェネックスの岡田です。

早速ですが、皆さん「マイボトル、使ってますか?」

私は、使ってます。マイボトルと社内にいる時はマイカップで水分補給をしています。

はじめは、再エネを扱う仕事をする者として、環境に良いことをしたいと思って始めました。ある試算によると500mlのペットボトル入りミネラルウォーターを自販機で購入し、飲んだ後にペットボトルをリサイクルした時のCO2排出量は240gと算出されます。1日1本、同じように水を購入すると年間87kgのCO2排出をすることになります。これは、自動車に例えると燃費15km/lの車を約560km走らせた時のCO2排出量と同等です。ちなみに水道水を500mlマイボトルで飲んだ時のCO2排出量は20gほどでペットボトルの1/12です。かなり環境に優しいですね。

 

最近、ペットボトルを買わなくなって感じることが2つあります。1つ目、出費が減りました。外出時に飲料を買わなくなったので、1日お金を使わない日が多くなりました。(飲料代150円/日とすると1年間で54,750円の節約になります。月に1度、仕事の後に食事ができます。)2つ目、「やっぱり、環境に配慮されているんですね。」とお仕事などでお会いする同じマイボトラーから声をかけていただくことが多くなりました。最近、特に海洋プラスチックの問題などで、マイボトルを使われる方が多くなっているようです。国連などの国際的な会合の場では、ペットボトルではなく水道水を入れる用のマイボトルが置いてるそうです。

いいことばかりのマイボトルですが、1つだけ難点があります。それは、少し持ち運びが重いことです。私は、カバンのサイズに合わせて大きさを変えていますが、それでもペットボトルと比べるとカバンは少し重くなります。しかし、慣れます。重いなと感じることもありましたが、今はその重さも気にならなくなりました。むしろ、地球温暖化を食い止めていると思うと重さも心地よくさえ感じます。

 

皆さんも新生活、マイボトル始めてみませんか。

 

マイボトル生活で、SDGsの17の目標の内、「目標6:安全な水とトイレを世界中に」「目標12:つくる責任、つかう責任」「目標13:気候変動に具体的な対策を」「目標14:海の豊かさを守ろう」に貢献できます。(「SDGs」については、私の前回のブログをご覧ください。)

 

 

CO2排出量算定支援から削減提案まで、気候変動対策なら

株式会社ジェネックス

サステナビリティ推進支援室

岡田好弘

〒447-0871愛知県碧南市向陽町4丁目79

0566-91-4131