スタッフブログSTAFF BLOG

食品ロスについて

お久しぶりです。
本日のブログは阿南が担当させていただきます!

ここ最近、食品ロスの話を個人的に耳にするので簡単にですが日本の食品ロスの状況を
紹介できればと思います。



よくコンビニやスーパーもそうですが賞味期限が近くなった際には多くの食品を廃棄しています。
それは食品衛生上仕方がない事だと思いますし、そうでないと逆に問題だとも思います。
ただ、消費予想されている以上に過剰生産しておいて「大量に食品ロスが出てしまいました」
というのは話が違うものだと私は考えます。(例:恵方巻き等)
それが積り重なって現在。
日本において1年間で出る「消費ロス」は632万トンだそうです。
飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食品援助量というのは年間約320万トンだそうですので
日本は援助量と同量の食品を廃棄していることになります。
冒頭にコンビニやスーパーと記載しておりますが、実はこの632万トンのうち約半数は家庭から
出ている食品ロスですので企業だけの責任ではないですので個人ベースでも食品をロスしない
という意識は持つべきだと思います。

SDGsは弊社も意識して目標達成のため取り組んでおりますが
そのSDGsの目標12に「持続可能な生産消費形態を確保する」というものがあります。
そのターゲット12.3の部分に「2030年までに世界全体の一人あたりの食品廃棄物を半減させる」
と掲げています。
上記のように大量に食品廃棄物を出す日本においては真摯に取り組むべき大きな課題です。

この課題を解消すべく最近、食品ロス削減推進法案が今国会で成立する見通しとなりました。
今後、廃棄される賞味期限内の食品を企業などから譲り受けて福祉施設や困窮者らに届ける
「フードバンク」活動への支援が義務付けるとのことです。
この法案は「国民運動」として取り組むことが明記されており
今後、学校教育等でも盛り込まれ日本人の意識を変える運動などが活発化するのではないかと
考えます。
こういった食料を無駄にしない意識の情勢と定着を図る動きは世界でも活発になってきており
その重要性を増してきています。省エネにも通ずる部分かと個人的に思いますので
是非興味を持っていただければと思います。
以上、阿南からでした。

次のブログは新井さんです。
よろしくお願い致します。


㈱ジェネックス 阿南
〒447-0871
愛知県碧南市向陽町4丁目79
ウィルビル3F-C
TEL:0566-91-4131
FAX:0566-91-4139